【推薦入試】_その特徴と高3生がこれからできることは

進路
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今日は「学校推薦型選抜」いわゆる推薦入試のお話をします。
高3生の多くが、この11月に推薦入試の関門を経験することでしょう。
今月が勝負の人や、目標はまだ先でも「押さえ」として受験する人もいるはずです。

高校入試以来の受験であり、しかも高校入試とは比較にならない高倍率に臨む入試です。

今日の記事は高1,2年生向けには「学校推薦型選抜」についての話を。
高3生向けには入試に向けて残りできることや、受験後の対応について記事を書きます。

最後まで読んでいただけると、うれしいです。

貫雪おすすめ学習教材

貫雪おすすめの学習・進路情報 (PR)

★★学校推薦型選抜・総合型選抜を目標とする人へ★★
特 長
一般選抜が難しい人でも、
学校(公募)推薦型・総合型選抜(AO)での合格を目指す専門塾
(新宿校での対面 または オンライン指導)
プロの社会人講師とマンツーマンで受講できる
出願書類の添削・小論文指導・英検資格取得指導も充実
カリキュラム消化者が受験大学全てに不合格の際は全額返金の合格保証システム


総合型選抜・公募推薦の対策塾【ホワイトアカデミー高等部】まずは無料の受検相談!

貫雪おすすめの学習・進路情報 (PR)

★★ 難関大学 を目標とする人へ(資料請求)★★
特 長
旧帝大・早慶や医学部医学科をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績
今年の合格実績一覧
今なら高1・高2生向け講座の資料請求で
「得点力アップの秘訣」がわかる英数問題集を無料でお届け
「考える力」を育む丁寧な添削指導やZ会講師の質の高い授業を受講できる
貫雪の息子も過去にお世話になりました~(^^♪


Z会の通信教育 資料請求はこちら

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

貫雪おすすめの学習・進路情報 (PR)

★★ MARCH・関関同立・早慶・国公立大学を目指す人へ★★
★★スタディサプリ と連携した塾を紹介★★
特 長
あのスタディサプリ講師陣が監修
生活習慣まで含めた計画管理
HP記載の月額性で余計な費用がかからない(参考書代を除く)
全科目指導の定額なので、特に国公立志望者にはコスパ高
スタディサプリが無料で見放題

スタディサプリ講師が監修【難関大受験専門塾 現論会】

貫雪おすすめの学習・進路情報 (PR)

★★ 自宅でのオンライン学習を希望する人へ★★
特 長
神授業見放題!スタディサプリ高校講座・大学受験講座
コースは2種
神授業見放題の「ベーシックコース」
オンラインでの質問応対や学習進捗管理などの個別指導がつく、
受験生向けの「合格特訓コース」
<ベーシックコース>
・低価格!ベーシックコースは、月あたり1,815円(税込)~
・人気参考書著者のプロ講師陣による「神授業」が見放題
・スキマ時間で効率的に苦手を克服
・学力に合わせて、基礎レベルから難関校受験レベルまで4段階から学習内容を選べる
・受験生向けに共通テスト対策講座、難関大・二次試験対策含む志望大対策講座、小論文講座も
・志望校や対策したい科目に応じて講師監修の学習プランが貰える
・初回の方は14日間無料体験あり(条件あり)
貫雪の娘も過去にお世話になりました~(^^♪
<合格特訓コース>
・月額10,780円(税込)~で、ベーシックコースの内容に以下が追加
・現役難関大のコーチが学習ペースの管理や、毎月振り返りと目標立てなど、学習に伴走
・分からないところは科目別のサポーターにオンラインで質問できる


【公式】スタディサプリ高校・大学受験講座

貫雪おすすめの学習・進路情報 (PR)

★★優秀な 家庭教師 をお探しの方へ★★
特 長
まずは合格最低点を目指す入試問題研究受講生の現状分析
医学部医学科240名(2024年度)など高い合格実績
第1志望校合格に導く個人別カリキュラムと指導プランの作成
講師は全員審査を通過した社会人のプロ講師のみ
講師以外にも教務担当が付き、進路相談などに対応
教室・自宅・オンラインと、快適な学習環境を整備
(教室は全国に35校)

第一志望校を目指すあなただけの特別プラン!

貫雪おすすめの学習・進路情報 (PR)

★★ 不登校・中退 で 転編入 を考えている人へ★★
特 長
大学受験・大学合格を目指す方を対象とするサポート校
(一般的なサポート校は高認験対策やレポート指導が主)
「不登校指導のスペシャリスト」を揃えた講師陣から自分に合った先生を選べる
最低年4回のスクーリング
(一般の通信制高校は週3~4回)
完全オンライン・完全オーダーメイドカリキュラム
(小中学校の学び直しも可能)


大学受験を目指す方を対象とした先生を選べる通信制高校サポート校

高1,2年生に

学校推薦型選抜とは?

学校推薦型選抜とは、公募制推薦と特別推薦の2つの総称。
公募制は、条件を満たし、学校長が推薦してくれれば、誰でも出願できる推薦入試です。
特別推薦は、要項が原則非公開で、指定校推薦やスポーツ推薦などがこれに該当します。
この違いを表にしてみました。

公募制推薦特別推薦
(指定校)
特別推薦
(スポーツ・文化)
募集要項公開
毎年5~6月頃に要項が発表される
非公開
該当校のみに送付される
私立大学のみ
非公開
大学から顧問や進路主任へ打診がある
出願条件評定の基準がある場合や、全く条件のない学校もある
国公立では地域推薦を導入したり出願人数を制限する学校もある
評定や欠席日数
1校から推薦できる人数に制限あり
公式戦での戦績
競技継続の意思
評定に基準を設ける場合もある
必要な書類調査書
推薦書
願書
その他(課題など)
調査書
推薦書
願書
志望理由書など
調査書
推薦書
競技成績証明書(賞状の写しなど)
志望理由書など
選考1~3教科入試
小論文や実技が課される場合も
評定を点数化する場合もある
面接やプレゼン
書類選考
面接や実技
合格率出願倍率による
定員よりも合格者は多いのが通常
ほぼ合格ほぼ合格
入学金や授業料が減免になることもある
専願/併願併願(一部専願制もあり)専願専願

公募制推薦

公募制は、出願のハードルが低い反面、次の点に留意して受験校を選びましょう。

  • 本命校の指定校推薦が来ているか?まずは進路課で確認する
  • 本命校の指定校や公募制推薦があれば必ず受験する
  • 本命校に公募制推薦入試が無く浪人覚悟なら、他校を公募制で受験するメリットは少ない
  • 浪人を避けたい場合は、本命校+押さえ1~2校あたりを受験する
  • 判定方法が複数ある場合、得意科目を含む2~3方式で十分(多くが全勝か全敗なので…)
  • 受験校によって入試科目のバラつきが無いようにする
  • 下位希望校の入学手続き期限よりに、上位希望校の合格発表が来るように併願校を決める
  • 国公立大学の推薦書は作成に時間がかかるため、早くから担任に作成を依頼する

特別推薦

指定校推薦は、合格率がほぼ100%です。
しかし自校が指定校になるには条件があります。
それは、

  • 過去の自校からの受験者数(全ての入試方式で)
  • 過去自校から指定校推薦で入学した学生の成績
  • 大学の指定校枠に余裕がある場合

です。
指定校は、一度指定されると翌年も指定される確率が高く、本命校の受験機会を少しでも増やしたい人は、担任や進路課に確認してみるとよいでしょう。
あと、指定校で進学しても、入学後サボっていると翌年から指定を取り消されるケースもあるので、後輩のためにも責任重大な入試であることをお忘れなく!

スポーツ推薦は、公式戦の戦績などから「お声」がかかるものです。
推薦書は担任ではなく原則顧問が記入し、校長が決裁します。
入学金や授業料が減免されたりもしますが、競技の継続が条件です。
入学後「イヤになった」とか「ケガをして」居辛くなることもあるので、安易に飛びつかず、校風やサークルの雰囲気をしっかり確認し、保護者とよく相談の上決断してください。

高3生に

入試本番までできること

いよいよ入試本番が迫ってきました。

入試前にしてはいけないこと、
それは
無理
です。

  • 遅れを取り戻そうと、睡眠時間を削る
  • 遅れを取り戻そうと、学校をサボる
  • 入試が何日も連続する

本番が近づいてきた今やることは、
リラックス
です。

やることやってきたんだし、
たとえ全滅しても、まだ共通テストや一般入試もある。
そこで受かれば、逆に今余計な入学金も要らない。
だから受験の練習…くらいに考えて、決して気持ち的に焦らないことです。

自宅でやるなら、過去問とその復習です。
学校にもちゃんと行きましょう!
睡眠時間も削ってはいけません!

生活のリズムが狂わないように残り期間気をつけるのです。

試験当日

高校入試でも、校舎が開く時間よりかなり早くから来校する受験生もいます。
やる気はわかりますが、受験は寒い季節に行われますから、これで体調を壊しては元も子もありません。

私が高校入試当日に経験した受験生の失敗談(実話)をご紹介します(;’∀’)

  • 早く着きすぎて校舎入れずトイレ我慢できない
  • よく似た名の他校に行ってしまった
  • 道に迷った
  • 受験票を忘れた
  • 上履きを忘れた

時間に余裕を持って、と言われますが、余裕あり過ぎも大変ですね(;’∀’)
そして経路や交通機関、持ち物は事前に調べておきましょうね。

受験後の対応

受験後はその勝敗によって、どこに手続きするか?を決めておきます。
正確には入学金+前期授業料を〇月〇日までに納入してください、と案内されるので、合格した中で上位希望1校にこれを納入してもらいます。
だから、下位希望校の入学手続き期限よりに、上位希望校の合格発表が来るように併願校を決める必要があるのです。
ここで必要となる費用は総額で80~120万円ほどになりますかね(;’∀’)
これを考えると「もうここで受験を終わらせたい」と思うのが人情です。

しかし国公立や、さらに上位校を希望するなら、受験はまだ続きます。
また来年3月の指定日までに入学を辞退すれば、授業料分は返還されるシステムです。
お金はかかりますが、ここ(推薦)で押さえておくメリットは、
仮に一般入試で併願校を考える場合、推薦合格校より上位を併願できる、という点です。
そして「押さえ」がある、という安心感から一般入試でチャレンジの幅が広がる、という点も精神的に大きなメリットになるでしょう。

推薦で受験を終える人へ

幸いにも推薦入試で本命校に合格すれば、長く苦しかった受験生活は終わります。
しかし周りにはまだ受験が続く生徒がいることを忘れないでください。

私が過去に担任したクラスでも、推薦入試後急に緩んでしまって、一般入試組がとても居づらい雰囲気になったことがあります。
受験から解放されて、卒業旅行だの、運転免許だの、アルバイトだの、浮かれた雰囲気を作らないように配慮してください。
みんな、自分の人生かかった大切な受験を控えていることをお忘れなく…

また大学入学まで時間があるので、入学までの学力低下にもご注意を!
4月から一般入試組と同じ土俵で授業を受ける現実があるのですよ。
推薦組はよく学力が低いと言われますが、受験後に待つこの時間を、有効に使うことも心がけてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

40年前に受験を経験した私も「推薦組」でした。
推薦書に何を書けばいいかわからない、と担任に言われ、自分で推薦書を書いて、担任にそれを清書してもらったことを覚えています。
当時推薦入試は珍しく、人より早く国立大学に決まったおかげで、周りから羨望の目で見られたことを覚えています。

推薦入試は受験科目が少ないという特徴があります。
しかしこれは特定の科目に抜きん出た力が必要であるとともに、出願には「評定」のハードルがあるため、苦手科目を多く持つ者には不利な入試とも言えます。

一般入試より早く決まる、というのはメリットでもありますが、それだけを期待して早く決めることだけを目標にしてはいけません。
推薦には推薦に向いた生徒が出願するべきで、自分が不向きだと思うなら、一般の勉強をして入試まで学力を上げ続ける道を選択してください。
さらに浪人覚悟で受験に臨むのも得るものが大きいです。
大学全入時代だからこそ、行かない方がいい大学もこれからは増えてくるはずです。
浪人を覚悟で本命校を狙うのなら、推薦なんて受ける必要はないし、時間をかけて未知の領域を目指したその精神は、きっと将来の大きな財産や自信になるはずです。

進路に関する記事は、他にもいくつか書いていますので、よろしければ下記リンクから併せて読んでいただけるとうれしいです。

進路
「進路」の記事一覧です。

では間もなく受験のみなさん、体調万全で悔いのない受験をお祈りしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ではでは、、、また次回、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました